^
ページTOPへ

永芳化妆品

永芳化妆品广告

プラチナスポットは白金(プラチナ)の理論スポット価格を取引対象とする証拠金取引です。売り買いどちらからでも取引を始めることができ、ポジションは自動的に翌営業日に持ち越される決済期限のない取引です。

期限にとらわれずに取引できる!

夜間でも取引できる!

レバレッジ効果で資金効率の高い資産運用!

受渡しを実現できる制度を導入!

取引所取引なので安心!

FX取引等との損益通算が可能!

 

北京永芳化妆品股份有限公司


永芳化妆品真假

永芳化妆品真假

プラチナスポット上場を記念し、プラチナに関する簡単なクイズに答えることで、正解者の中から抽選でプラチナインゴットカードがもらえるキャンペーンを実施中です。

【当選賞品】
・プラチナインゴットカード1g(TOCOMデザイン)

【当選者数】
・3名様

【当選者の選考】
・プラチナスポット上場クイズキャンペーン運営事務局
(株式会社 みんかぶ)
・ゴールドフェスティバル運営事務局
(株式会社想研、キャピタル・エフ株式会社)

【応募資格】
・日本国内在住者で、応募者本人と連絡のつく有効なメールアドレスをお持ちの方

【その他】
・当選のお知らせは、事務局より原則としてeメールでご連絡します。事務局が指定する期間内にご連絡が取れない場合は、賞品の受領の権利が無効となりますので、ご了承ください。
・賞品のお届け先は、日本国内に限らせていただきます。
・未成年者の方が受賞された場合、保護者の同意の上、賞品を送らせていただきます。
・賞品のお届けは応募期間終了後、2~3週間後を予定しています。
・住所・転居先が不明などで賞品がお届けできない場合、当選は無効となります。
・応募の受付、当選確認に関するお問合せ、及び応募後の住所等変更はお受けできません。
・応募者の個人情報は、賞品の発送、本件に関する諸連絡、当社およびゴールドフェスティバル運営事務局が今後企画・実施するイベント等のご案内・連絡に利用させていただきます。

【応募方法】
以下の応募フォームよりご応募ください。
(お一人様1回の応募となります)

※応募受付は終了しました。ご応募ありがとうございました。

 

邢台永芳化妆品连锁店的地址

永芳化妆品含水杨酸吗

プラチナスポットの取引を始めるには、この取引を扱う商品先物取引業者に口座を開設することが必要です。口座を開設する前には、受託契約準則などの必要書類が交付されますので、それらをよく読んで取引の性質や特徴をきちんと理解してから、商品先物取引業者と契約を結び口座を開設します。

業者によって取引の手数料や提供される情報などサービスの内容が異なります。ご自身の投資スタイルに合った商品先物取引業者を選びましょう。

揭阳市永芳化妆品

プラチナスポットは、投資金額以上の取引を行う証拠金取引であるため、急激に相場が変動した場合には投資金額以上の損失を被ることがあります。
そうした場面でも損失を一定水準に抑えるため、ストップロスを利用することができます。商品先物取引業者のなかにはロスカット制度を導入しているケースもあります。これらについては、商品先物取引業者にご相談ください。

 

プラチナスポットの取引要綱

項目 内容
取引の対象 純度99.95%以上の白金地金の理論スポット価格
取引単位 100グラム
呼値と呼値の単位 1グラム当たり1円刻み(1ティック当たりの損益は100円)
立会時間 8:45~15:15 16:30~翌5:30
証拠金 SPAN®証拠金
参考理論
スポット価格
TOCOMのホームページで5分間毎に公表します

<取引のリスクについて>
プラチナスポットには、主に以下のリスクが存在します。取引にあたってはこうしたリスクがあることを前提に、自己判断と責任において行うことが肝要となります。
なお、以下は、プラチナスポットの代表的なリスクを紹介したもので、これらがリスクの全てではありません。
①価格変動リスク
プラチナスポットは、取引の総代金に比べて少額の証拠金を預託して取引するレバレッジの効いた取引です。価格の動きが小さくても大きな利益を得ることができますが、価格が予想に反して動いた場合には、預託した証拠金以上の損失となる恐れがあります。
日々の価格変動に伴う損益は帳入値段※をもとに計算され、もし損失が一定額以上になっても取引を継続したいときは、追加の資金を預託する必要があります。
ロスカット制度の活用で損失が生じるリスクを低減することも可能ですが、ロスカット制度についても、損失の100%ヘッジを保証するものではありません。
※帳入値段:1計算区域ごとに損益計算をする際(値洗い)の基準となる値段です。
②流動性リスク
プラチナスポットは、国内外の政治・経済動向などの様々な要因により、著しい流動性の低下が生じる可能性があります。そのような流動性の状態では、反対の注文がないため、意図したとおりの値段で約定ができないこともあります。また、プラチナスポットの価格は、市場の需給によって形成されるため、理論現物価格と一致することは保証されていません。
また、TOCOMが取引継続は適当でないと判断する場合には、取引停止等となり、取引ができなくなることがあります。
③信用リスク
プラチナスポットは、投資家の証拠金は原則全額TOCOMグループの清算機関(JCCH)が管理します(差替預託の同意がある場合には、商品先物取引業者は、投資家が預託した有価証券等を分離保管し、その相当額以上の額をJCCHに預託します)。万が一、商品先物取引業者が破たんした場合でも、証拠金等は原則保全されます。しかし、商品先物取引業者の破綻に伴う違約処理において、建玉の決済等により損失が確定した場合は、証拠金等の額から当該損失額が控除されます。また、建玉が他の商品先物取引業者に引継ぎ・移管される場合には、別途、手続きが必要となる場合があります。
④システムリスク
TOCOMやプラチナスポットを扱う商品先物取引業者の取引システム、通信回線等に障害が発生した場合、注文の発注・執行や相場情報の配信が遅延したり、取引が中断したり、取引停止になったりすることがあります。これらにより、想定外の損失が発生することがあります。
 

キーワード

 

最新記事

 
 
 

関連記事